ビジネス

Batonz(バトンズ)

Batonz(バトンズ)は、M&A、事業承継、事業譲渡のプラットフォーム・マッチングサイトです。
手軽に登録ができ、会社や事業の売り手と買い手をつなげ、経営のバトンタッチをサポートします。

Batonz(バトンズ)は、M&A、事業承継、事業譲渡のプラットフォーム・マッチングサイトです。会社や事業の売り手と買い手をつなげ、経営のバトンタッチをサポートします。
サービス内容や口コミ・評判を見てみましょう。

Batonz(バトンズ)は事業継承・M&Aをサポートするサービス

Batonz(バトンズ)は、国内最大級の成約実績を誇るM&A総合支援サービスです。安価な手数料、従来の半分以下のスピードでM&Aを実現することができます。M&Aの知識がない方やプロのサポートを受けたい方は、ニーズに合わせて全国約2,000社の支援専門家を紹介してもらうこともできます。

Batonz(バトンズ)は、「M&Aで会社や事業を大きくしたいけど良い案件があるか不安」という買い手の悩みと、「事業を整理したい、後継がいないからM&Aを検討したいけど相手をどう探せばいいか分からない」「M&Aは手数料が高額と聞くので踏み出せない」という売り手の悩みを解決するサポートをしてくれます。

利用するには、まずBatonz(バトンズ)のWebサイトにて無料のユーザー登録を行い、その後に事業の買い情報・売り情報を登録します。

事業を売りたい場合

事業を売りたい場合は、その事業が個人事業か法人かを選び、見出しや業種、都道府県、譲渡希望額や譲渡対象などの概要を入力します。その他、任意項目のビジネスモデルや、譲渡・後継ぎ探しを検討することになった経緯やストーリー、買主に託す想いなども入力すると、マッチング率が15倍に上がるようです。

M&Aの進めるうえで不安なことがある場合はどうすればよいでしょうか。Batonz(バトンズ)ではトータル支援だけでなく、スポット支援にも対応しており、約2,000社の支援専門家からぴったりなM&Aアドバイザーや専門アドバイザーを紹介してくれます。加えてBatonzカスタマーセンターにも専門家チームが用意されており、サポート体制も万全です。

事業を買いたい場合

事業を買いたい場合は、買い手の主体が個人か個人事業主か法人かを選び、自己PR(個人を選んだ場合のみ)や事業内容を入力していきます。Batonz(バトンズ)では単に現在の仕事内容、事業内容だけでなく「なぜ今の仕事・事業をしているのか、その中でどんな工夫や苦労があり、何を成し遂げたのか、これから将来何がしたいのか」などを入力します。本人確認書類のアップロードをして本人確認が終われば、カスタマーセンターを通じて売主へマッチングを申込む事ができます。
売り手と同様に、買いて側も支援専門家の紹介を受けることができます。

Batonz(バトンズ)では、業種や地域、譲渡希望金額などの条件で数千件の事業の中から検索できるようになっています。新たに始めたい事業、あるいは拡大したい事業を簡単に探す事ができるでしょう。

Batonz(バトンズ)は「手軽・安価・安心」が評判のサービス

M&Aの仲介会社やマッチングサービスは数多くありますが、Batonz(バトンズ)はどのような点で評判になっているのでしょうか。

Batonz(バトンズ)では、会社だけでなく事業を譲渡することが可能です。事業の一部や一店舗のみ、設備だけを譲渡することもできます。また全国数千件の売り案件が100万円未満の価格帯から公開されており、買い手はいつでも手軽にチェックすることができます。
成約するまでのスピードも非常に早く、従来のM&Aが成約までに平均11ヶ月かかるのに対し、Batonz(バトンズ)では平均5ヶ月、最短で1週間で成約を実現しています。

また従来のM&Aよりも手数料が安価なのもBatonz(バトンズ)の大きな魅力です。通常のM&Aでは最低報酬として数十万円〜数百万円が設定されていることが多いのに対し、Batonz(バトンズ)に最低報酬はありません。成約価格の2%を買い手が支払う決まりで、売り手はなんと無料です。大抵のM&A支援サービスよりも安価に済ませることが可能です。ただし、支援専門家のサポートを受ける場合は、別途費用が発生します。

M&Aでは、事業譲渡後にあるはずの設備が無かったり、対価の支払い方法を決めておらず買い手からの支払いがなかったりと、トラブルが起きる可能性が十分考えられます。買い手と売り手が相対して交渉するよりも、やはり専門家のサポートを受けることで後々のトラブルを避けることができます。Batonz(バトンズ)では全国約2,000社の支援専門家を紹介してもらうことができます。親会社である日本M&Aセンターの30年以上のノウハウを元に紹介してもらえるので安心感があります。

Batonz(バトンズ)の利用の流れ

会員登録をする

Batonz(バトンズ)サイトから会員登録を行います。
サイトで仮登録した後、認証メールが届いたら本登録に移ります。

(売り手)案件を登録をする

本登録の後、追加情報の入力へと進み、譲渡希望の会社・事業の案件概要を登録します。会社・事業の基本情報や所在地等を入力し、2~5分程度で案件掲載登録が完了できます。
その後、本人確認のためスマートフォン等で撮影した運転免許証等の身分証明証をアップロードします。確認・審査は数時間〜1営業日で行われます。
本人確認を申請した後、事業概要・財務概要を登録することができます。事業概要・財務概要を追加すると、飛躍的にマッチングする確率が上がり、Batonz(バトンズ)の実績では約15倍も確率が高くなるようです。
これらの入力に不安がある方でも、無料で「登録代行サービス」を利用できるので安心ですね。

(買い手)案件に交渉申込をする

本登録の後、追加情報登録へと進み、会員情報や買いニーズ情報を登録してます。
買収を希望する「業種」「地域」「スキーム(会社譲渡、事業譲渡)」や「財務関連の希望条件(投資予算上限など)」、「買収の目的」、「希望する時期」などを登録できます。
売り手と同じく本人確認を行う必要があるため、マイページから身分証明証等を登録しましょう。
本人確認が完了したら、売り案件に交渉の申込みができるようになります。

マッチング

売り案件に興味がある買い手から質問が届き、会社概要などどんな買い手なのか知ることができます。売り手は、申込を受けた買い手がふさわしいかどうか判断しましょう。
本格的に話を進めたい場合は、売り手が承認することで実名や会社名などの情報が開示されます。
売り手がアドバイザーに委託している場合は、全てアドバイザーが対応します。

面談

M&A・事業承継を進めるにあたって、売り手と買い手が最初に顔合わせを行う、重要な面談となります。アドバイザーがいる場合は、アドバイザーも同席します。
財務数字といった合理的な判断に加え、双方のお人柄や意思なども大事な判断材料となります。

基本合意を締結

お互いの条件が合ったら基本合意を締結します。
基本合意を締結すると、売り手は他の買い手との交渉は中止となり、独占交渉権を与えることになります。また、売り手は買い手からの企業調査に協力し、事実をありのままに開示することに合意しなければなりません。

企業調査

買い手の責任で企業調査を行います。
これまでのM&A交渉で、売り手が開示してきた情報(決算書、概要書など)の実在性や網羅性を調査する手続きになります。企業調査は、買い手自身でなく、買い手が外部に委託するのが一般的です。
企業調査をスキップしてしまうと、あとで売り手と買い手の認識の間に齟齬があることが発覚したり、トラブルが発生しやすくなるようです。

最終契約

売り手と買い手が合意した最終の条件調整後の事項を、譲渡契約書に盛り込んで締結すると、M&Aは成約となります。
Batonz(バトンズ)では、M&A契約の経験がある弁護士、M&A成約実績が豊富なアドバイザーに、契約書を作成・確認してもらうことがおすすめされています。

Batonz(バトンズ)のポイント

  • 常に数千件の売り案件が掲載されており、マッチングまでのスピードが早い
  • 買い手は従来のM&Aよりも安価な手数料で、売り手は無料で成約できる
  • 全国約2,000社に及ぶ支援専門家を無料で紹介してくれるため知識がなくても安心

Batonz(バトンズ)のネット上でのクチコミ、評判まとめ

Batonz(バトンズ)のネット上でのクチコミ、評判をまとめてみました。

  • シンプルな操作で登録できるのが良い
  • 全国の様々な業種・価格の売り案件が掲載されていて探しやすい
  • M&A専門アドバイザーなどのサポートが充実しているので安心

M&Aがはじめての人でも使いやすい手軽で安価なサービスや、支援専門家などによる安心のサポートが受けられることがクチコミや評判につながっているようです。

※2020年7月7日現在のWebサイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

公式サイトで見る

REVIEWS(5件) レビュー・口コミ

  • たけちゃん

    50代 | 男性 |  2019/12/23

    4

    私の会社は、電気系のメーカーで新規技術獲得のためにM&Aという手段をとることが多いのですが、買収先の企業の選定はとても難しいものでした。
    買収するたびに、時には海外まで出かけることもありコストがかかってしまっていました。そんな時、M&AをコーディネートしてくれるBatonzという業者があることを知りました。会員登録が無料であることもあり、すぐに登録しました。
    Batonzは東証一部上場の会社が運営しているということもあり安心感がありました。特に、買主や後継候補者が3万人以上もあるとのことで、きっと素敵なマッチングをしてくれると思ったのです。
    Batonzには、買収したい企業のイメージ像を知らせておくだけで、買収先を選んでくれました。とても頼りがいのある業者だと思いました。

  • コーン

    30代後半 | 女性 |  2019/12/23

    5

    Batonzを利用したことがあります。登録が簡単、詳細な情報を載せている、知識や経験が豊富なアドバイザーのサポートを受けることができるなどのメリットがあります。IT機器が苦手な人でもBatonzのマッチングサイトなら使いこなすことができるでしょう。
    事情があって私の行っていた事業を譲渡しなければいけなくなったんですが、相応しい人は見つかるかなどとても不安でした。そんな時にBatonzのアドバイザーはじめ有能なスタッフにサポートしていただけたこと、使いやすいサイトだったことで本当に助かりました。
    同じ様に事業の譲渡における不安を抱えている友人にBatonzの利用をすすめます。問い合わせに専用フォームあるいは電話で応えてもらえることもあって友人に安心してすすめることができます。

  • ゆう

    30代後半 | 男性 |  2019/12/23

    4

    昨今の働き方改革から副業などが行いやすくなっている今ではBatonzはすごく必要なサービスだと思う。自分も優良企業が高齢化の為に廃業になるのは日本経済にとってマイナスになると思いBatonzのサイトを見始めた。
    本人確認が厳格。このようなサイトでは信頼性が必要だと思うのでいいと思うが少し手間。
    非公開のものもあるが、財務データなどの情報も相当数公開されているので比較検討しやすい。実際に企業を購入した時の手数料などすぐに見つけられないのでその辺りを分かりやすくして欲しい。
    私は企業を購入した経験がないので初心者がこういったサービスを受ける時の注意点や見るべきポイントなどを記載されているページなどがあればより良いと思う。

  • かずみ

    40代後半 | 女性 |  2019/12/23

    4

    何か事業をしたいと考えていましたが、一から自分で事業を立ち上げるのは大変なので、バトンズで事業の売り情報をチェックして、こちらの希望にマッチングした事業を探すことがスムーズにできるのは便利です。
    ユーザー数も多く、そして自分が欲しい情報をすぐに活用することができるので、探している地域に条件をしっかり絞り込んで、やってみたい事業を上手に探すことができます。
    バトンズでM&Aのノウハウもしっかり理解できるようになり、そして事業初心者でもしっかりスタートすることができるので、一から自分でスムーズに事業を始めることができます。
    自分にあった事業をスタートすることで、少しずつ自分のペースで仕事をすることができ、とても満足です。

  • しん

    40代前半 | 男性 |  2019/12/23

    4

    買う側でBatonzを利用したことがありますが、相手にオファーを出す際の入力をもっと簡素化してほしいです。限られた情報の中での最初のコンタクトであるため、具体的に書きづらいためです。そこで二の足を踏んでしまうかなと思われますね。
    Batonzの良い点はある程度事前に最低限度の財務数値が見える事だと思います。さらに踏み込めば、NPVやIRR等が計算出来る機能があったり、利回りや回収期間などが例として提示される機能があれば、知識のない人でも取り組みやすくなるだとうと思いました。
    さらには、売り手の評価について、もう少し具体的な情報があればと思いました。

公式サイトで見る

タグ一覧