whoo(フー)は、おしゃれな名刺を誰でも簡単に作成できるサービスです。
どんな場所でも自分らしさを表現できるようにという想いから、存在感のある紙と最先端の印刷技術でオリジナルの名刺を作成できます。 whoo(フー)では世界中のデザイナーたちが作成したテンプレートを自由に使って、誰でも簡単にビジネスやプライベート用の個性豊かな名刺ができます。
サービス内容や口コミ・評判を見てみましょう。

世界中のデザイナーが制作した豊富なデザインテンプレートを利用可能

whoo(フー)では世界中のデザイナーたちが作成したテンプレートを利用することができますが、デザインの基本は「シンプル」です。
それぞれのサイズに合わせ、海外の自由な発想やユニークな視点を取り入れているのが特徴です。

また、whoo(フー)はデザインを選ぶ楽しさや作る楽しさを提供するため、デザインは1デザイン1種類ではなく複数のデザインを一つのセットにしたアソートテンプレートもあります。 デザインテンプレートの利用が無料なのも魅力です。

東京の最新印刷拠点で安定生産

whoo(フー)の工場には最新の印刷機やロボットによる自動化なども導入し、標準化された工程管理で納期の短縮と安定した品質を提供しています。
使用しているデジタルオフセット機「HP indigo」は世界120ヶ国で導入されている機種で、鮮明な画像や豊かな色彩による上質な仕上がりに定評があります。
2017年9月からは「JETvarnish 3D」が稼働しており、光沢や箔を使って贅沢な質感、輝きを表現することも可能となっています。 whoo(フー)ではこうした専用工場でワンストップサービスを提供し、高品質かつ低コストなサービスを実現しています。

whoo(フー)の選べる名刺スタイル

whoo(フー)の名刺にはさまざまなスタイルが用意されています。

Standard(スタンダード)

サイズ:55×91mm
料金:20枚 ¥3,350〜
高品質な紙を厳選した標準スタイル。

CUBE(キューブ)

サイズ:60mm×60mm
料金:20枚 ¥3,350〜
どんなレイアウトでも合う、手によくなじむスクエアサイズ。

MINI(ミニ)

サイズ:28mm×70mm
料金:20枚 ¥3,350〜
コンパクトなポケットサイズ。

Color(カラー)

サイズ:日本サイズ、スクエア、ミニから選択
料金:20枚 ¥7,080〜
白紙とカラー用紙を3層にサンドしサイドにカラーがでるインパクトのあるスタイル。 カラーは、レッド・サーモンピンク・イエロー・グリーン・ライトブルー・セピア・ブラックから選べます。

Haku(箔)

サイズ:日本サイズ、スクエアから選択
料金:20枚 ¥8,080〜
立体的な箔によって存在感のでるスタイル。

Clear(クリア)

サイズ:日本サイズ、スクエアから選択
料金:20枚 ¥6,080〜
触りたくなるテクスチャーが魅力のスタイル。

Kraft(クラフト)

サイズ:日本サイズ、スクエア、ミニから選択
料金:20枚 ¥5,180〜
古紙で作られた表情豊かなクラフトペーパー。

Pics(ピクス)

サイズ:日本サイズ、スクエア、ミニから選択
料金:50枚 ¥5,340〜
1つのデザインに最大50種類の写真を使用可能。
お気に入りの写真を使ってポートフォリオにしたり、アルバムやプレゼントにも最適です。

そのほか、有料オプションでグロス加工、マット加工、角丸加工にもできます。 オリジナルデータの場合は、日本サイズ、CUBE(キューブ)、MINI(ミニ)サイズで、修正の必要がない完全データの状態で作成可能です。

whoo(フー)の利用の流れ

テンプレートからデザインを選ぶ

サイト上で750以上のテンプレートの中から希望のスタイルを選択します。

デザイン編集

デザインの編集を行います。テンプレートの場合はデザインが決まっているので、あらかじめ配置されている文字やフォントの変更が可能です。

注文

仕上げのオプションや、出荷予定日、枚数を選び確認ができたら注文確定します。
出荷予定日は通常5日後となりますが、+500円で3日後の出荷にも対応可能です。

オリジナルデータを使用する場合

スタイルや、加工オプションを選び注文をしたら、利用ガイドに沿ってデータ入稿を行いましょう。
対応可能データは商品によって異なりますがAdobe Illustrator・Adobe InDesign・PDFデータです。

whoo(フー)のポイント

  • 簡単なステップでおしゃれな名刺が作れる
  • 世界中のデザイナーによるテンプレート多数
  • オリジナルデータも可能

※2019年6月25日現在のWebサイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

公式サイトで見る

whoo(フー)と他のサービスの比較コンテンツはこちら

REVIEWS(6件) レビュー・口コミ

  • こいがくぼ

    40代前半 | 男性 |  2020/01/24

    4

    whooを利用したことがあります。whooは選べるサイズやデザインが個性的で、名前を紹介することだけでなく自分のキャラクターなどをうまくアピールしやすくて驚きました。
    作成はスタイルやデザインを選び、編集して加工すると完成で意外と手軽でした。初めて利用した時はチャットもあってコミュニケーションができ、疑問点を解消できるため安心して作れました。
    料金は同じデザインで枚数を増やせば割安になり、スタッフの数に合わせてまとめて注文するとお得になって良かったです。
    しかし、イマイチだと感じたことは数が少ないと料金が割高になり、オプションを付けないと単調な仕上がりになることです。このため、好みのデザインの名刺を作るためには向いていますが、数を多くしないと割高になります。

  • 初期型専用バグ

    50代 | 男性 |  2020/01/24

    5

    副業やちょっとした交流会で先方に渡す名刺をこれまでWordなどで作成して自宅のプリンターでチマチマと作成していましたが、最近はどうもデザインセンスが無いことを強く自覚したことや、プリンターも廃棄することになり置き場所やコスト的なものを考えると新たに購入するのも諦めていました。
    そのときに名刺作成サービス「whoo」のサイトを知り合いから紹介されて実験的に利用してみましたがあまりにも便利過ぎてびっくりしました。デザインが豊富であること、用紙も従来の日本型サイズ以外も選べることなど当方にとっては非常に斬新に感じています。
    また納期も早いこともあり総合的にお得に感じることが多いのでこちらのサービスを定期的に利用させて頂いています。

  • nanami

    20代後半 | 女性 |  2020/01/24

    3

    デザインイベントでハンドメイド作品を販売する際にwhooで一度名刺を発注しました。
    whooではイメージ通りの名刺のデザインで受注でき、対応も親切でしたので大変良い印象を持っています。名刺のサイズや素材、インクなどの選択肢が多いため、フリーランスでクリエイティブな職業に就かれている方などは、金銭的に余裕があれば受注するのもよいのではないのかと思います。
    事業規模にもよると思いますが、今は自分で作ったほうが安上がりのためPhotoshopやオフィス系のソフトなどを使用して作ったものを使用しております。

  • もも

    30代後半 | 女性 |  2020/01/24

    3

    今風のおしゃれなショップカードや名刺が作れることに好感をもちました。
    whooはサイトも見やすくてサンプルがわかりやすかったので、趣味のハンクライベントへ参加する名刺として頼みました。
    今一つと思う点は、文章の内容や、文字数によってバランスがくずれて見える気がした点と、印刷と紙がそんなによくないのかな?と思った点です。特に印刷の質が安っぽくて、印刷の点が見えてしまった点でした。
    名刺やショップカードとしては少し安く見えてしまうので、高級感が欲しい場合はもうすこし手間をかけたほうがいいと実感しました。
    総合的にみると、値段も安い訳ではないので、デザインがとても気に入ったとかでなければ類似のサービスも検討したほうが良い気がしました。

  • パパさん

    30代後半 | 男性 |  2020/01/24

    3

    whooを利用した感想ですが、まず一番良いことはデザインがとても豊富である事です。
    形から沢山のデザインがあっていざ決めるのにはかなり悩みます。デザインの豊富さに加えて料金もかなり高いのでは無いかと思っていましたが思っていたよりも全然良いです。
    この料金設定の割りにはクオリティも高いのですごく良いと思います。

  • sachi

    30代後半 | 女性 |  2019/05/29

    5

    はじめて利用したのでちゃんとしたものが出来るか不安だったのですが、想像以上に良いものが出来ました。
    ホームページをみてまずいろんなデザインがあるのにびっくりしました。縦書き・横書き両方多かったので選ぶのが楽しかったです。一から自分でデザインも出来たと思うのですがやっぱりデザインしたもので作った方が早いので時間がない方はそっち方が良いかもしれません。
    ただ自分で撮った写真をいくつか入れるデザインが少なめであまり選べないのでもう少しあってもいいかなと思います。いろんな大きさがあるので他の人と差をつけたい方は良いかもしれません。

    あと紙もいろんな種類があって迷っちゃします。普通の名刺用の紙でも薄っぺらくなく良い紙を使ってるんだなーと思いました。他の人が他の所で作った名刺を見ると全然紙が違ってすごく褒められました。
    私は普通の紙を使って作ったので別のもっと良い紙を使ったらとっても良い名刺が出来るとおもいます。あと料金もそんなに高くなかったと思います。また利用したいとおもいます。

公式サイトで見る

タグ一覧