Payke(ペイク)は、インバウンド(訪日外国人)対策プラットフォームです。バーコード1つで商品の情報や魅力を、多言語で外国人観光客に伝えます。

「言葉の壁」を、スマホとバーコードで乗り越える

訪日外国人による「インバウンド市場」は右肩上がりで、2018年の訪日外国人旅行消費額はすでに4兆円を超えており、ビジネスにおける大きな市場となっています。しかし訪日外国人が商品パッケージを見ても日本語が読めず、商品の魅力を十分に伝えられない問題があります。

Paykeはそういった言葉の壁を越えるべく、スマホとバーコードを用いて商品を多言語対応させるサービスです。商品のバーコードをスマホでスキャンすれば、多言語で商品の使い方、成分、価値を伝える事ができます。

バーコードを利用するため商品デザインを変えなくて良い事が特徴です。飲食店向けの多言語メニューサービスも用意されています。

またPayke管理画面から商品情報を日本語で登録すれば、対応7言語へ自動で翻訳。文章や画像・動画で、商品情報を訴求する事も可能となっています。「店舗内にPaykeタブレットを設置し、外国人観光客が興味を持った商品を自身でスキャンして、商品情報を多言語で訴求」といった利用方法もあります。
さらにユーザーの利用状況データが提供されており、訪日外国人が「いつ」「どこで」「何を」見ていたかが分かり、分析も可能です。

導入費用はプレスリリースによると、商品登録サービスは50,000円/月~、加えてタブレット貸出サービスは1台あたり3,980円/月~、飲食店向け多言語メニューサービスは9,800円/月~のようです。利用方法や規模によって、導入費用は上下するものと思われます。多くの訪日外国人の取り込みが期待できる、新しいサービスといえるでしょう。

Payke(ペイク)のポイント

  • 商品のバーコードをスマホでスキャン、多言語で商品情報を伝えられ、利用分析も可能
  • 管理画面から商品情報を日本語で登録すれば、対応7言語へ自動で翻訳
  • 商品登録サービスは50,000円/月~、加えてタブレット貸出サービスは1台あたり3,980円/月~の模様

※2019年4月10日現在のWebサイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

公式サイトで見る

REVIEWS(0件) レビュー・口コミ

                           

レビュー・口コミがまだありません。
よかったら口コミを書いてみませんか?

公式サイトで見る

タグ一覧