ビジネス

ローンディール

ローンディールは、出向制度を人材育成に活用するためのプラットフォームです。

ローンディールは、出向制度を人材育成に活用するためのプラットフォームです。ベンチャー企業の現場で実戦的な経験を通じて、イノベーションを起こせる人材や組織に変革を起こせる次世代リーダーを育成します。

大企業では得難い「事業の立ち上げ」を経験できる

ローンディールは出向を活用し、大企業や中堅企業の人材をベンチャー企業のプロジェクトに参加させる仕組みです。

大企業のスキルやノウハウが、出向者を通してベンチャー企業に提供されると同時に、ベンチャー企業でしか経験できない事業立ち上げの経験を、出向者が得られます。
ベンチャー企業では「大企業の看板が無い」「組織全体を見渡す必要がある」「不確実でも考え抜き困難を乗り換える必要がある」といった気づきを出向者にもたらし、既存の組織の中で事業創造や組織変革を起こすために必要な「マインドセット」を磨く事ができます。

ローンディールでは出向者の受け入れ先として、有望なベンチャー企業を中心に200社以上が加盟しており、豊富な選択肢の中から最適な受入企業の情報が提供されています。出向期間は半年〜1年程で、週3日など兼務も可能です。

費用は、基本料として15万円(税別)/月、個別サポート料として一人当たり10万円(税別)/月となっていて、この費用の発生期間は移籍開始1ヶ月前~移籍終了3ヶ月目までです。出向中の給与・賞与・社会保険料・通勤費は、基本的に移籍元が負担する事になっています。

ローンディールのポイント

    ・出向を活用し、大企業や中堅企業の人材をベンチャー企業のプロジェクトに参加させる
    ・ベンチャー企業は大企業のノウハウを、出向者は事業立ち上げの経験を得られる
    ・既存の組織の中で事業創造や組織変革を起こすためのマインドセットを磨ける

※2019年4月3日現在のWebサイトの情報をもとにまとめています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

公式サイトで見る

REVIEWS(0件) レビュー・口コミ

                           

レビュー・口コミがまだありません。
よかったら口コミを書いてみませんか?

公式サイトで見る

タグ一覧