<2019年版>今どきの社食サービス比較

おトクなランチ代で栄養バランスのよい食事がとれる社員食堂は、社員にとってあったらうれしいサービスです。
一般的な社員食堂は、導入に多額のコストがかかってしまいますが、コストを抑えた新しいサービスが次々に登場しています。
注目の社食サービスをご紹介しましょう。

green(グリーン)

green(グリーン)の特徴

  • オフィス近隣の飲食店を社員食堂として利用できる
  • 社員は割引価格でランチが楽しめる
  • 社員の会計はアプリを提示するだけ
「green(グリーン)」は飲食店を社員食堂にするという、新しい発想から生まれている社食シェアリングサービスのひとつ。 社内で食事をする一般的な社食サービスとは異なり、オフィス周辺にある飲食店で割安価格でランチできる点が大きな特徴です。
アプリで飲食店を検索できたり、会計時にはアプリを提示するだけで、簡単に決済することができます。

公式サイトで見る

どこでも社食

どこでも社食の特徴

  • オフィス近隣の飲食店を社員食堂として利用できる
  • 社員の会計はスマホ決済
  • 企業の月額利用料金は15,000円からとリーズナブル
「どこでも社食」は、「green」と同様に提携している既存の飲食店を社員食堂化できるサービス。 社員は会社からの食事補助を受けて、ランチを楽しむことができます。
どこでも社食で提携している店舗の他、個別提携も可能です。

公式サイトで見る

みんなの食堂

みんなの食堂の特徴

  • 設備なしで導入できる給食スタイル
  • 指定した場所にデリバリーで届けてもらえる
  • 1人あたり500円と手頃な価格
「みんなの食堂」は、デリバリースタイルの社員食堂。指定時間に日替わりメニューをデリバリーしてくれます。 設備の導入は不要で、机2つ分のスペースさえ確保できればOK。食器やトレイなどもすべて用意してもらえます。
しかもレンタル品はすべて新品です。新居への引っ越しなどでは気分よく使うことができますね。 法人でも利用できますので、オフィス家具にもおしゃれなものを取り入れたい場合におすすめです。

公式サイトで見る

OFFICE DE GOHAN(オフィスでごはん)

OFFICE DE GOHAN(オフィスでごはん)の特徴

  • 健康的なお惣菜(冷凍)をオフィスにストック
  • 月ごとに30種類のご飯とおかずのメニュー
  • 無料で冷凍庫と電子レンジを貸出し
「オフィスでごはん」はオフィス備え付け型の宅配サービス。「オフィスでやさい」の姉妹サービスになります。
冷凍したお惣菜やごはん類を、無料レンタルできる冷凍庫にストックしておけますので、社員は電子レンジで解凍するだけです。
導入コストは、月1万円~と低額になっています。

公式サイトで見る

オフィスおかん

オフィスおかんの特徴

  • 健康的なお惣菜(冷蔵・常温)をオフィスにストック
  • お惣菜は約20種類
  • 1品100円という低価格
「オフィスおかん」は、オフィスにいながら1品100円で健康的なお惣菜が食べられるサービスです。
お弁当へのもう1品や夜食のお供などに、気軽に利用できます。
専用冷蔵庫やボックスは、オフィスおかんが用意してくれますので、電子レンジさえあれば導入できます。

公式サイトで見る

まとめ

「どこでも社食」のような近所の飲食店に行くタイプと、「OFFICE DE GOHAN」など、オフィスに宅配してくれるタイプに分かれるようです。
どのサービスも健康を考えられた食事を提供しているという点で共通しています。
導入されていたらうれしい福利厚生ですね。
※2019年3月の情報をもとに構成しています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

NEXT